2010年4月24日土曜日

#29: カールスバーグの従業員、職場でのビール制限に抗議してスト




カールスバーグの従業員、職場でのビール制限に抗議してスト
Carlsburg workers strike in protest over workplace beer restrictions
2010年 04月 9日 12:25 JST

[コペンハーゲン 8日 ロイター] デンマークの大手ビール会社、カールスバーグの倉庫作業員とドライバーら数百人が8日、職場でビールを飲む 機会を昼休みだけに限定した会社の決定に抗議し、2日目のストライキを行っている。
On Thursday, April 8, several hundred warehouse labourers and truck drivers from Danish major beer company, Carlsberg, stayed on strike for a 2nd day. They are protesting a company decision that limits the chance to drink beer to lunch time only.

広報担当のJens Bekke氏によると、同社は4月1日に新たな規則を導入。
According to public relations spokesman, Jens Bekke, the company introduced the new rule on the April 1.

これまでは社内の冷蔵庫に水やソフトドリンクのほかビールも完備されていたが、7日になってす べての冷蔵庫からビールがなくなっていたという。He said that up until this, the company refrigerators had been full of water, soft drinks and beer, but on April 7 the beer disappeared from all the fridges

Bekke氏は、トラック運転手には昼休み以外に1日3本までビールを飲む権利が以前に与えられており、倉庫作業員も同様の権利を主張してストを 行っていると述べた。
Bekke stated that the truck drivers had previously been given the right to have 3 beers a day outside lunch time and the warehouse labourers claimed the same right and went on strike.

2日目に入ったストには約250人が参加しているという。
He added that about 250 workers were participating in the 2nd day of the strike.

Link to original Japanese article

Link to related English article

0 件のコメント:

コメントを投稿